トップ > 企業情報 > 貢献活動紹介 > 森林再生パートナー活動報告

最新記事

アーカイブ

森林再生パートナー活動報告

2019年4月23日森林再生パートナー活動報告

2019年4月17日(水)、南足柄市にある「21世紀の森」で不要な竹林の伐採、

森林再生パートナー活動を行いました。

 

【作業の様子】

当日は暑くもなく寒くもなく、作業しやすい日でした。

生い茂った竹を伐採し、道脇に積み上げていきます。

今回は参加人数が少ないながらも、ベテランから若手社員まで力を合わせて取り組みました。

【作業後】

道が開け、見通しが良くなりました。作業は大変ですが、綺麗になった竹林を見ると、やって良かったという気持ちになります。

 

今回もまた、微力ではありますが森林再生活動において貢献できたことを嬉しく思います。

今後も継続して森林整備に取り組んでいきます。

森林再生パートナー活動報告

2018年10月23日森林再生パートナー活動報告

2018年10月17日(水)、南足柄市にある「21世紀の森」で不要な竹林の伐採、

森林再生パートナー活動を行いました。

 

【作業の様子】

当日はさわやかな秋晴れで、作業しやすい気候でした。

作業前は竹が生い茂り、鬱蒼としていました。竹林の中にはあまり日が差し込まず、日中でも薄暗いです。

どんどん竹を切っていきます。

伐採した竹は、細かな枝を切り落とし、山道の脇に積み上げます。

作業後、道が開けて見通しの良い山道に戻りました。

今回もまた、微力ながらも森林再生活動に貢献できたことを嬉しく思います。

この豊かな森林を次世代へと引き継いでいくために、今後も継続して森林整備に取り組んでいきたいと思います。

森林再生パートナー活動報告

2017年10月24日森林再生パートナー活動報告

2017年10月18日(水)、南足柄市にある「21世紀の森」で不要な竹林の伐採、

森林再生パートナー活動を行いました。

 

 

連日の雨が嘘のように晴れました。

IMG_0693

 

【作業の様子】

女子事務員も一生懸命に作業しています。

DSCF3407

 

慣れない作業に疲労困憊でしたが、気持ちのいい汗をかくことができました。

IMG_0680

 

【作業前】

竹が通路まで覆い茂り、積まれた竹はぐしゃぐしゃになっていました。

DSCF3417

 

【作業後】

伐採した竹は脇に集め、通路はすっきりとし、通りやすくなりました。

DSCF3412

 

20名参加(森林インストラクター2名含む)

IMG_0710

 

今回もまた、微力ではありますが森林再生活動において貢献できたことを嬉しく思います。

今後も継続して森林整備に取り組んでいきます。

森林再生パートナー活動報告

2017年4月25日森林再生パートナー活動報告

2017年4月19日(水)、南足柄市にある「21世紀の森」で不要な竹林の伐採、

森林再生パートナー活動を行いました。

 

【作業の様子】

絶好の活動日和。伐採された竹が次々と集められます。

森-2   

夢中になって作業に取り組んでいます。森-5

森-4

日の当たる幅が増えて明るくなりました。森-1

23名参加(森林インストラクター2名含む)

森-3

 

当日は天候にも恵まれ、活動日和となりました。

今回もまた、微力ではありますが森林再生活動において貢献できたことを嬉しく思います。

今後も継続して森林整備に取り組んでいきます。

森林再生パートナー活動報告

2016年10月26日森林再生パートナー活動報告

2016年10月19日(水)森林再生パートナー活動を行いました。

南足柄市にある「21世紀の森」で、不要な竹林の伐採活動を行いました。

 

【竹林の様子】

~作業前~

荒廃が進んでいる竹林が多く、本来の竹林としての景観を保てない状況でした。

2016.10.19 森-8

竹林が密着しており、視界が悪く山道も見分けがつかないくらいでした。2016.10.19 森-4

【作業の様子】

2016.10.19 森-3

2016.10.19 森-6

~作業後~

山道ができ、見た目もスッキリしました。2016.10.19 森-2

 

2016.10.19 森-7

 

22名参加(森林インストラクター2名含む)2016.10.19 森-1

 

当日は天候に恵まれ、伐採活動を順調に進めることができました。

限られた時間の中でしたが、目に観える成果を感じることが出来ました。

森にとっても、森に生きる生物にとっても住みやすい環境を創ることに少しでも貢献できたことを嬉しく思います。

また、このような環境保持活動に参加する機会を大切にしていきたいと思います。

 

森林再生パートナー活動を行いました

2016年4月28日森林再生パートナー活動報告

2016年4月20日 南足柄市にある『県立21世紀の森』の竹林エリアにて、不要な竹林の伐採活動を行いました。短い作業時間ではありましたが、天候にも恵まれ、参加社員夢中になって汗をながしました。

【活動の様子です】

2016.4.20.2340

2016.4.20.2338

2016.04.20.0284

2016.04.20._0292

【作業前】

風雨により竹がなぎたおされ荒れ放題となっていました。折れた竹が多く、おおいかぶさり、竹林としての景観を保つことができない状態です。

2016.4.20.2334

2016.4.20.2335

【作業後】

倒れて枯れてしまった竹を取り除き、伐採していきます。曲がった竹を根元より伐採していきました。

2016.4.20.2351

2016.4.20.2329

【森林インストラクターの方々と】

2016.4.20.0334

まだまだ、多くの竹が未整備のため、次回も同様の活動を予定していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森林再生活動パートナー活動のご報告

2016年2月8日森林再生パートナー活動報告

カナエルでは神奈川県の行う森林再生活動を支援・協力し、
森林再生パートナー活動の一環として、
年二回、社員による森林整備を実施しています。

この度、5年間の「森林CO2吸収量算定書」を
同県よりいただきましたので、ここにご報告申し上げます。

無題

※CO2の排出量と森林の吸収量について(林野庁HPより)
http://www.rinya.maff.go.jp/j/sin_riyou/ondanka/20141113_topics2_2.html

今後も地域の豊かな自然環境を未来へとつなげるため、
微力ながら社員による協力活動を積極的に進めてまいります。

<カナエルの森林再生パートナー活動について>
http://www.kana-l.co.jp/company/introduction/shinrin_saisei/

<社員による森林整備活動についてのご報告>
http://www.kana-l.co.jp/company/introduction/shinrin_blog/

森林再生パートナー活動を行いました

2015年11月23日森林再生パートナー活動報告

2015年10月20日 南足柄市にあるカナエルの森にて森林再生パートナー活動を行いました。今回は、杉、ヒノキなどの枝打ちと間伐を行いました。

【活動の様子】

mori_0042

mori_0048

枝打ち後の木々です。光を取り込みやすくなります。mori_0057

【間伐の様子】mori_0093

mori_0094    間引きするために、木々を伐採し下草苅りの作業もおこないました。

mori_0132

【今回参加の社員と森林インストラクターの方々】

mori_0013まだ手つかずの森林が多いことを気づかされたと同時に地道な活動が環境保護につながる事を再認識した1日となりました。

 

森林再生パートナー活動を行いました。

2015年4月27日森林再生パートナー活動報告

《今回の活動内容》

2015/4/22、南足柄市にある『県立21世紀の森』の竹林エリアにて(景観維持を図るために)、不要な竹林の伐採活動を行いました。昨年10月の活動予定が悪天候の為中止になって以来の活動となりました。

 

mori-1

 

 

mori-2

 

mori-3

 

今月入社した新しい仲間を交えて19名での参加となりました。天候にも恵まれ、事故もなく無事に活動を終えることができました。

mori-4

 

(森林再生活動を通じて思うこと)

カナエルがこの活動を開始してから、早いもので4年目をむかえます。全社員が一度は経験し、数回目となる社員も増えてきました。環境保全の大切さが、経験のある者から、経験のない者へ継承(伝承)されていきます。また、この活動を振り返ることで、社員同士のコミュニケーションにつながり、とても意義のある活動です。

今後も積極的に続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森林再生パートナー活動を行いました。

2014年4月24日森林再生パートナー活動報告

2014/04/23、南足柄市にある『県立21世紀の森』のマダケ展示林にて景観維持を図るための竹林の伐採活動を行いました。

 

<作業前のようす>

mori1

2月の大雪により竹が折れてしまい、山道が跡形もなくなっていました。

 

 

 

<作業中のようす>

mori2

折れた竹や道をふさいでいた竹を伐採し、山道を確保しています。

 

 

 

<作業後のようす>

mori3

ここまで綺麗になりました。

 

 

 

日本に昔からあったとされるマダケは、年々数が減っているといわれます。
こうした活動は継続することが重要ですので、今後も引き続き活動を続けていきたいと思います。

 

 

 

mori4

「21世紀の森」所長、森林インストラクターの皆様とともに。

 

 

ページトップへ